日本中に、
みんなが成長できる教育寮を。

教育寮オープンラボ EDUCATION DORMITORY OPEN LABO

イベント案内

2017年10月2日

【満員御礼】10/27開催イベント『教育の場としての学生寮の可能性』
~首都大学東京・国際学生宿舎「グローバルハウス調布」見学会同時開催~

この度、教育寮オープンラボを運営するNPO法人NEWVERYと、リノベーション物件を数多く手掛ける㈱リビタが共同で、「教育の場としての学生寮の可能性」を考えるセミナーを実施いたします。

当日は運営している寮の取り組みについてのご紹介と、リビタが企画・運営する公立大学法人首都大学東京の国際学生宿舎「グローバルハウス調布」を実際にご見学頂き、ご参加の皆様と教育の場としての寮の可能性について意見交換をさせて頂きたいと思っております。

昨今大学には学問だけではなく、時代の変化に適応できる人材の育成や学びの環境づくりが求められ、日本人と留学生が共同生活から学び合える学生寮の必要性はより一層高まっています。

また、近年団地や社宅をリノベーションし、コミュニティを産み出すシェアハウス型学生寮に変えた物件が若者に人気です。

今回のイベントでは、大学の教職員関係者や県民寮などを運営する自治体関係者を対象に、1つの街区ごと国際性・多様性を特徴とする住まいの領域へと再生させた「シェアプレイス調布多摩川」と「グローバルハウス調布」に関する講演や寮内見学会を実施し、首都大東京の寮運営の事例紹介や寮設立のポイント、寮におけるソフトとハードの関係性についてお話しします。

ハードをただのハードとしてではなく、ソフトを空間と結びつけた形で学生寮を運営することで、教育機関に求められている学びの空間を創ることができます。

是非イベントに足をお運び頂き、リノベーション型学生寮の魅力や可能性について考えるきっかけにして頂きたいと思います。

皆様からのお申込みをお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イベントテーマ:教育の場としての学生寮の可能性

【日 時】2017年10月27日(金)14:00~18:00(13:30より受付開始)

【会場】シェアプレイス調布多摩川2F・セカンドラウンジ
東京都調布市多摩川6-33-1
京王線「調布」駅 徒歩15分、
京王相模原線「京王多摩川」駅 徒歩8分 MAP

【参加費】無料

【対象】大学教職員、県民寮等にご関心のある自治体関係者
※不動産会社及びコンサルタント関係同業者の方のご参加をお断りする可能性がございます。予めご了承ください。

【定員】40名程度

【参加のお申込み】
満員となりましたため、お申し込みは締め切らせていただきます。(10/24更新)

■イベント内容
① 寮教育のソフトとハード(NEWVERY)
② リノベーションによるシェア型国際学生寮の企画・運営(リビタ)
③ 首都大学東京・国際交流センター 国際学生宿舎運営のビジョンについて(仮称)
④ 首都大学東京・レジデンスアシスタント(RA)の運営について
⑤ グローバルハウス調布見学会
⑥ 寮設立・企画についての個別相談会
※イベント内容については今後変更の可能性がございます

 

 


NEWVERY教育寮事業について
NEWVERYは、若者支援を目的とする大学改革支援を行う中で、学びの環境のひとつとして、“学生寮”をただの住まいとしてではなく、共同生活を通じた教育の場であると定義し、支援している。大学生向けのシェア型教育寮「チェルシーハウス国分寺」等の運営、自治体と提携し高校専用寮のプロデュース・運営を手がける。

チェルシーハウス国分寺の特徴:
・社宅をリノベーションした2人部屋全27室のシェア型男女共同学生寮。
・社会人メンター制度、寮内委員会制度、寮内外でのイベント企画運営などを通じ、様々なタイプの人との交流からの学びを重ね、白黒つけられない課題に向き合う。
・共用部にゲストルーム、フリースペース、スタディールームを設置。3000冊を超える書籍はビジネス書・文芸書・漫画まで他分野にわたる。
・寮生自身がDIYで制作した家具・ピザ窯等が、寮内の日常生活を彩る。



特定非営利活動法人NEWVERYについて
「教育」と「アート」の二つの軸で、 “若者たちが未来に希望を持てる社会づくり” に取り組むNPO団体。高校・大学・専門学校といった教育機関や地方自治体、民間企業と協力しながら子ども・若者たちの支援を行う。主に大学改革支援、教育寮運営・企画、マンガ家育成支援事業を手がける。

名称:特定非営利活動法人NEWVERY
理事長:小崎 文恵
住所:東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階
URL:http://www.newvery.jp

 


株式会社リビタが企画・運営するグローバルハウス調布の特徴
・企業社宅をリノベーションした全96室のシェア型国際学生宿舎。
・文化・価値観の異なる日本人学生と留学生が、共同生活を通してさまざまな気づきを得ることができ、語学力だけでなく、協調的に課題解決する力を養うことができる教育の場。
・企業社宅の1階部分2住戸を繋げて、入居者同士の交流の場となる共用部としてシェアラウンジ・キッチンを設置。ラウンジはそれぞれ「和」「知」の2つのテーマでデザイン。住居スペースは、3DKの間取りをユニット専用のシェアリビング+3個室の住戸ユニットにリノベーション。

株式会社リビタについて
「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、マンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、ホテル事業を手がける。運営するシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」シリーズは、都内近郊に18棟1,219室(2017年9月時点)。

名称:株式会社リビタ
代表取締役:都村 智史
住所:東京都目黒区三田1-12-23 MT2ビル
URL:http://www.rebita.co.jp


【お問い合わせ】

●NPO法人NEWVERY 教育寮事業部
03-4400-1086 担当:佐藤・小崎

■NPO法人NEWVERY
http://www.newvery.jp/

●チェルシーハウス国分寺(NEWVERY運営学生寮)
http://chelseahouse.org/


■㈱リビタ
https://www.rebita.co.jp/



プレスリリース
http://www.newvery.jp/news/1554/

最新の記事