日本中に、
みんなが成長できる教育寮を。

教育寮オープンラボ EDUCATION DORMITORY OPEN LABO

加藤 遼株式会社パソナ  ソーシャルイノベーションチーム長

チェルシーハウス国分寺のメンターとして2015年から関わらせて頂いております。

チェルシーハウス(教育寮)は、家族、地域、学校などとは異なる、社会でもありコミュニティでもあります。 家族みたいに一緒に暮らし、地域みたいに助け合いながら、学校みたいに学び合いあいます。

チェルシーハウスは、社会とコミュニティの境目が曖昧です。 寮生は、それに戸惑い、迷い、多くの事に気づきます。 その中で、社会とは何か、コミュニティとは何かを肌で感じながら、 自らの社会への貢献の仕方や、コミュニティでの役割の担い方について、自然と意識が向いていきます。 社会やコミュニティを俯瞰するだけでなく、肌で感じことで、自らのミッションや役割について心で気づいて、想いに火がついていきます。

チェルシーハウス(教育寮)は、社会とコミュニティとの関係を考えて行動できる人財が自然と育つ環境なのかもしれません。